ロールオーバーの仕組みとFX 比較検討

ロールオーバーの仕組みとFX 比較検討

ロールオーバーの仕組みとFX 比較検討 FX 比較検討する上で、インターネットは欠かせないものです。インターネット上で、よく見かける単語の一つに、ロールオーバーというものがあります。簡単に言えば、ロールオーバーは、翌日に持ち越すポジションを示したものです。デイトレードでは、その日のうちにFX 比較での取り引きを完結させる手法ですが、ロールオーバーの場合は取引は完結させず、引き続きポジションを持ち続けるというものです。

外国為替取り引きには、直物、先物の2種類の取り引きがあり、FXは直物取り引きとなっています。本来、直物取り引きは、取引開始から2営業日後には、決済を行わなければならない取り決めとなっています。しかし、通貨を長く保有して、スワップポイントによる利益を出したいトレーダーにとって、この二日ごとの決済は非常に厄介なものです。

そこで、FXの仕組みとして、二日ごとの決済ではなく、自動的に翌日に持ち越せるシステムを設けているわけです。これが、ロールオーバーの仕組みということが、お分かりいただけたでしょうか。ただし、注意点として、このロールオーバーがなされる起点は、NY市場クローズにありますので、日本時間では朝7時ということになります。

お知らせ