取り引き方法で決めるFX 比較業者選び

FX初心者にとって、FX 比較検討のうえでも、業者選びはなかなかに難しいものです。というのも、FX業者はサービスの内容や営業方針が異なり、トレーダーの取引方法によっても、向き不向きがあるからです。そこで、FX 比較において、業者の取引方法を選択肢の一つとして考えてみるのもよいでしょう。

業者との取引には、相対取引と取引所取引の2種類があります。両者の大きな違いは、税制面による違いです。具体的には、現在のFX業者の9割を占めるといわれる相対取引は、雑所得扱いで0%から50%と言われています。一方で、少数派である取引所取引は、申告分離型で税率が20%です。また、資産の保全といったリスク面でも、法的に守られているのが取引所取引で、損失繰り越しなどの税制面では、業者によって取り扱いが異なりますので確認が必要です。

圧倒的に数の多い相対取引ですが、さらにIBとPRCとに分けることができ、IBは海外の業者が多く、仲介業者といった形をとっている為、顧客と直接取引することはありません。そしてPRCですが、日本の業者が多く、顧客と直接取引を行い、FX取引の当事者となる会社を指しています。いずれにせよ、サービス面で、どのタイプが劣るということはないので、ニーズに合ったところを選ぶことが大切です。